小説/一般小説

小説/一般小説 レビュー: 1件 評価: 2016年10月28日

[喜多喜久] ラブ・ケミストリー

Rapidgator, Faststore, Uploaded, Datafile EraFile KatFile
小説/一般小説 レビュー: 2件 評価: 2016年10月28日

[澄守彩] 虚無の魔王、創世の英雄姫

魔王リュウトが復活した。封を解いたのは仇敵の血を受け継ぐ少女エレノーラ。彼女は反乱で国を追われた小国の姫だった。二人はとある事情で行動を共にすることになり、奪われた国を取り戻すため協力したものの……。世界の変わりように憤るリュウト。エレノーラは彼への強い憧れが空回り。ぎくしゃくしながらも圧倒的な力で敵をなぎ倒すリュウト。エレノーラもまた、エルフ族との交渉を経て彼とは異なる『強さ』に目覚めていき。
小説/一般小説 レビュー: 68件 評価: 2016年10月25日

ドラゲキングワーカー

レビューが一定数付いたらラベル剥がして逃げます
小説/一般小説 レビュー: 13件 評価: 2016年10月22日
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月21日
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月21日

[雪兎ざっく×一成二志] 好きなものは好きなんです!

乞食向けリンクはページの3~10枚は吹っ飛んでます
小説/一般小説 レビュー: 6件 評価: 2016年10月20日
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月20日

[蝸牛くも] ゴブリンスレイヤー 第01-03巻

Rapidgator, Faststore, Uploaded, Datafile
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月20日
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月19日
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月19日

[喜多喜久] ラブ・ケミストリー

軽量版 h960 (34.7 MB) h2048 (100 MB) ※ほとんどの人は軽量版で見れると思います。 抜け等、問題がありましたらPMでお願い致します。 承認制レビュー。需要無視。はるかで検索に引っかかりませんでした。 紙自炊となります。現時点、Kindle版はありません。 単行本 305、文庫 317ページ ある意味ライトノベル的?密林のレビューでも概ねそんな感じです。 ライトノベルを楽しめる人は読めるんじゃないでしょうか。 内容紹介 「理系非モテ男子に贈る、前代未聞空前絶後の有機化学ラブコメ!」(大森望/翻訳家・評論家)と 選考委員も絶賛した、第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作の登場です! 東大院卒の著者が描いた、東京大学で繰り広げられる、絶食男子の有機化学ラブ・ミステリー。 専攻している有機化学の分野において、天才的科学センスをもつ東大院生の藤村桂一郎。 ところが初めて恋をしたことによって、その能力を失ってしまった。悶々とした日々を過ごしていた 彼の前にある日、「あなたの恋を叶えてあげる」と、謎の少女が現れて……。 内容(「BOOK」データベースより) どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。 ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。 そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。 東大で理系草食男子が巻き起こす前代未聞のラブコメ&ミステリー。東大卒の著者が描く“日常系コメディ”登場! 天才的化学センスをもつ藤村桂一郎は、初恋によってスランプに!突然現れた死神・カロンに振り回され、 超オクテの草食男子はどこへ行く!?2011年第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。
小説/一般小説 レビュー: 4件 評価: 2016年10月18日

[喜多喜久] 美少女教授・桐島統子の事件研究録

軽量版 h960 (36.9 MB) h2048 (100 MB) ※ほとんどの人は軽量版で見れると思います。 抜け等、問題がありましたらPMでお願い致します。 承認制レビュー。需要無視。はるかで検索に引っかかりませんでした。 現時点、Kindle版はありませ・・・と思ってましたが、 「桐島教授の研究報告書 - テロメアと吸血鬼の謎」と 文庫版で改題されKindle版があります。Kindle Unlimited(読み放題)対象外です。 単行本309、文庫改題版331、文庫改題版Kindle202ページ 内容紹介 拓也が出会った美少女は、若返り病を発症した日本人女性初ノーベル賞受賞者・桐島統子教授!? 学内で作られた有害ウイルスに挑む! 内容(「BOOK」データベースより) 「完全免疫」を持つぼくと、見た目は17歳、心は88歳のノーベル賞教授が、キャンパスの“吸血鬼”を追う。
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月18日

[北野勇作] きつねのつき

軽量版 h960 (23.4 MB) h2048 (62.7 MB) ※ほとんどの人は軽量版で見れると思います。 抜け等、問題がありましたらPMでお願い致します。 承認制レビュー。需要無視。はるかで検索に引っかかりませんでした。 現時点、Kindle版はありますがKindle Unlimited(読み放題)対象外です。 単行本紙自炊となります。単行本 261、文庫 269、Kindle版 12ページ??? 装画:西島大介 2009年から執筆され2011年の震災後に出版されたようです。 震災前に出ていたらちょっと話題になっていたかもしれません。 内容紹介 人に化けた者たちが徘徊する町で、娘の春子と、いまは異形の姿の妻と、三人で暮らす。 あの災害の後に取り戻したこの幸せ。それを脅かすものがあれば、私は許さない……。 切ない感動に満ちた再生の物語。 内容(「BOOK」データベースより) 狐かオバケか、人に化けた者たちが徘徊する町。かつて巨人が生まれた町。 ときに不思議なことが起こり、特定危険区域と呼ぶ人もいる。 大災害に見舞われたあの日から。いま私は娘の春子と、異形の姿の妻と、三人で暮らす。 この幸せを脅かすものがあれば、私は許さない…。切ない感動に満ちた再生の物語。 レビューより 出版社が「3.11後の世に贈る、切ない感動に満ちた書き下ろし長編」と銘打ち、 作者自身は「日本初の保育園送り迎えSF」と韜晦する、大災害後の世界における 日常を描いたS(少し)F(不思議)でほのぼのホラーな小説。 生物兵器としてつくられた人工巨人の暴走により壊滅した街。 崩壊する巨人の生体組織に街は飲み込まれ、巨人の研究員だった語り手の主人公は 妻を失い、そして返してもらう。 彼が取り戻した妻は肉塊になりはてていたが、娘をそのまま宿していてやがて出産した。 その後、彼女は引っ越した家の天井と同化してしまい、男と娘と妻の三人の暮らしが はじまった。 「肉の津波」に飲み込まれたはずの街は何故かそのまま存在していて、日常が続いている。 彼は娘を子供館で遊ばせ、隣家の騒音に悩まされ、保育園に娘を入れられるかに気をもみ、 仕事をし、お花見を楽しみにする。 しかし、彼には理解できている。この世界が以前と同じモノではないという事が。 何かが喪われてしまったという事が。 街ではヒトではないモノが日常を演ずる如く、少しだけ舞台裏をのぞけばたちまち 異形のモノが蠢く世界。主人公は淡々とそんな世界を受け入れる。 彼自身も、もはやヒトではない。 街の外から「取材」と称してやってきたテレビの下請けの人間に彼は問いかける。 「あんたたちには、どんなふうに見えてるんだ。私たち、いや、このあたり一帯は」と。 あの日、以来。世界が、何かが変わってしまったような気がする。 それでも、私たちは生きている限りこうして日を過ごし、「とにかく、ここにこうしている。」 喪われた何かを愛惜し、まだここにある何ものかを大切にする。これはそうした、未来に開かれた物語。
小説/一般小説 レビュー: 0件 評価: 2016年10月18日

[小野不由美] 残穢 (別スキャン)

軽量版 h960 (43.8 MB) h2048 (121.5 MB) ※ほとんどの人は軽量版で見れると思います。 抜け等、問題がありましたらPMでお願い致します。 承認制レビュー。需要無視。はるかで検索に・・・っと文庫版が何故かその他カテにあり、 アフィ無し金ラベです(生存確認済) http://haruka-yumenoato.net/etc/31998 当スキャンは単行本版となります。現時点、Kindle版はありません。 というか電子書籍版自体ないです。 2016年 映画『残穢 -住んではいけない部屋-』があり、 映画化のタイミングで電子書籍版があってもおかしくないと思ったのですが。 ちなみに書き下ろし500枚は出版された本のページの事ではありません。 単行本335、文庫349ページ 十二国記や屍鬼の原作の人です。興味のある方はどうぞ。 内容紹介 この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を 擦る音が聞こえ、背後には気配が……。だから、人が居着かないのか。 何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が 浮かび上がる。かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は 「穢(けが)れ」となり、感染は拡大するというのだが── 山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編! 内容(「BOOK」データベースより) この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、 背後には気配が…。だから、人が居着かないのか。 何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる。 かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は「穢れ」となり、感染は 拡大するというのだが― 山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!
小説/一般小説 レビュー: 3件 評価: 2016年10月18日